Spicy Life Maker blog

人生に少しだけスパイスを。

【レシピ】 6/17のイベントで作った、スパイス香るおひたし

6月17日のスパイスカレー作ろうイベントでご紹介したスパイス香るおひたしのレシピを紹介します。

クミンシードをゴマのようにつかうところが普通のおひたしとは違うところです。

 https://www.instagram.com/p/Bf-2P75hbOB/
写真は春先に菜の花で作ったもの。

 

<材料>

・小松菜: 3束
・チリホール: 1本
・クミンシード: 2ml
・醤油: 適量
・削り節: 適量

 

<作り方>

①お塩を加えたお湯でお野菜を湯がく

②水気を切ったら、醤油で洗う

③炒ったクミンシードとチリホール、醤油、削り節を加えたら完成

  

少し置いてから食べるとチリホールの辛味が出ておいしいです。

 

 

人生に少しだけスパイスを。 

【レシピ】 6/17のイベントで作ったスパイスカレー

6月17日のスパイスカレー作ろうイベントでご紹介したスパイスカレーのレシピを紹介します。今回のポイントは「手を抜く」。たまねぎを炒める世話を工夫して手間とミスを減らしてみた。

たまねぎがクタっとなる時短にも貢献していると思った。今後もどんどん手抜を抜いていって作れるスパイスカレーのレシピは追求していきたい。

 

https://www.instagram.com/p/BjwuwuABOEK/

<材料(4人分)>

・鳥肉:200g(お好きな部位でOK)
 →醤油、ガラムマサラ、塩胡椒で下味をつけてフライパンで表面を焼いておく
・油:50ml
・にんにく:2片
・生姜:1片
・玉ねぎ:1玉(八つ割りにしてバラしておく)
・水:400ml
・トマト:1玉(熟しているもの、ダイスカット)

●ホールスパイス
・クミンシード:5ml
マスタードシード: 3ml
・チリホール:1本
クローブ:3つ
・シナモン:1片
・カルダモン:3つ

●パウダースパイス
コリアンダー:10ml
・クミン:5ml
ターメリック:3ml
・カイエンペッパー:2ml
・パプリカ:1ml
・ブラックペッパー:1ml

●煮込みのスパイス
カレーリーフ

 

<作り方>

①油を弱めの中火で熱し、ホールスパイス、にんにく、しょうがをテンパリング

②たまねぎを加え全体をなじませたら、塩、水50ml(分量外)を加え蓋をして強火で加熱。

③焦げ目が付いてきたころにトマト、塩を加え、ヘラでトマトをつぶしながら水分を飛ばす。

④水分が飛んだペーストになったら中火にし、パウダースパイス、塩を加え全体をなじませ、鶏肉を加えてさらに全体をなじませる。

⑤水・カレーリーフを加えポコポコとなるまで中火、その後は弱火で15分程度煮込む。
 ※このとき、鍋の中をかき混ぜる必要はないですし、蓋もする必要はありません。

⑥オイルがセパレートしたら火を止め、蓋をして30分放置。暖めなおせば完成。

 

 

参加者のみなさんからは簡単だとのコメントをいただいたが、やはり最初のテンパリングは多少のスキルが必要なので、ここのミスしにくいやり方(常温から加熱とか、そもそもテンパリングしないとか?)を今後試してみようと思います。

 

人生に少しだけスパイスを。

 

カレー作ろうイベントは気付きが沢山

6月17日のみんなでスパイスカレー作ろうイベントにご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

f:id:spicy_life_maker:20180618144037j:image

同じレシピや作り方をしているのに、結果的に違うカレーが出来上がるのはやっぱり面白い。料理教室・レシピとしてどうなんだってクレームが飛びそうですが、そこもカレーの奥深さ、料理好きの僕がカレーにはまっている要因のひとつです。

火加減や鍋の中の面倒見、細かい話をすると調理器具の形状や材質の差などで仕上がりは大きく異なります。これらの要素はほとんどのレシピでは細かく触れられていませんし、僕もそこまで追求したレシピは作りません。

だからこうしてスパイスカレーに興味のある人たちに少しでもおいしいカレーを作ってもらえるように実際に作るイベントを開催しています。

 

今回のイベントではお料理好きの方が多く「スターアニスは使わないの?」「肉を焼くときにタイムを使ったほうがいいのでは」などいろいろな意見をいただきました。そこで当初予定には無かったけれど、レシピに記載しているスパイス以外にも、気になるスパイスを加えてもらうことにしました。

f:id:spicy_life_maker:20180618144054j:image

上記の調理のばらつきによる差にスパイスの差も加わり、3つの個性豊かなチキンカレーができました。スパイスと辛さのエッジの効いたカレー、たまねぎ・トマトの炒め具合によってコクのあるカレー、肉を焼く際に使ったタイムのさわやかな風味のカレー。どれも美味しかったなーどうやって作ったのか僕が聞きたいくらいでした。

f:id:spicy_life_maker:20180618144119j:image

準備や当日の気配りなど正直苦労も多いけれど、皆さんにスパイスやカレーに興味を持っていただけること、みんなで作った美味しいカレーを囲んで食べられること、そして僕自身も皆さんから学びや発見を得られることが嬉しいので今後もやっていきます!

 

 

人生に少しだけスパイスを。

 

 

6月17日(日)みんなでカレー作ろう!イベント開催

617日(日)に大阪・野田でカレー作りのイベントやります。

https://www.instagram.com/p/Bgygf1NBZhw/

僕が最近行き着いた、手抜きスパイスカレーをみんなで作ろうというものです。食べるのもいいけど作ってみたいなという人は是非ご参加ください。

 

ちょうどランチタイムの開催なので調理はできる人に任せて食べるだけでもいいですよ。(全員それだと僕が20人前作ることになります笑)

 

日時: 617日(日)
     11:0015:00 14時までには作って食べます)

場所: 大阪市福島区吉野2-13-10

               Duce mix kitchen 3F

     http://www.ducemixkitchen.com/

               (阪神 野田駅から徒歩3分)

●会費: ¥3,500-

●料理: 手抜きスパイスカレー、その他スパイス料理

●持物: エプロン、胃袋、楽しむ気持ち。

 

調理後、食事をしながら共同開催者であるスパイス女子のりっちゃんのトークもあります。カレーも食べれて、スパイスに関する知識も得られて、お腹いっぱいになる企画だと思います。

 

参加ご希望の方はメッセージください*(テレパシーの類は稀にしか繋がりません。)

 

人生に少しだけスパイスを。

ムスリムフレンドリーのカレーを作ってみた

今年はカレーを振る舞う年。となんとなくそんな抱負を立てている。

 

引き寄せの法則とでも言うのか、つい先日「約30人前よろしく」とカレー提供の相談をいただいた。

よし、気合い入れて作るぞー!とメニューをあれこれ考え出した頃、またスマホが鳴り「ゲストにイスラム教徒がいるので豚肉は使わないで」と連絡が入る。

 

お、ムスリムフレンドリーか。いつか取り組んでみたいなーと思っていたテーマだったので、カレーの提供も含め、願ったり叶ったりの申し入れとなった。よし、ムスリムフレンドリーカレーを作ろう。

 

ちなみにムスリムフレンドリーとは、イスラム教を信仰する人(ムスリム)に寄り添ったサービスや商品を提供すること。よく聞くハラール対応との違いは、イスラムの戒律に完全に準拠しているか、否かということ。

つまり100%イスラムの戒律に準拠していなければハラール対応とは言えない。その他1〜99%の対応はムスリムフレンドリーとなる。

 

食におけるムスリムフレンドリー対応の範囲は広く、俗に言うノーポークノーアルコール(豚肉とアルコール未使用)程度のものから、豚肉のエキスや化学調味料を使わないこと、鳥や牛などの食肉も戒律に沿って処理されたものを使用することなど様々。

さらに口に入れるものだけではなく、調理環境にも留意点はある。上記の食材と混ざってはいけない。とか、なんなら調理する人もムスリムで!みたいなことまでも。

 

なんでもかんでも食べられるほとんどの日本人からはちょっと厳しさを感じてしまう。でもムスリムの人たちは「くそ、めっちゃ厳しいぜ。辛いな」とはもちろん感じていない。信仰の深さも様々なのでこれくらいでOKって言う人もいる。それが文化・生活感なのだ。世の中の価値観は本当に多様だ。

 

しかし、対応のほとんど整っていない環境で生活し辛いのは事実。

知り合いのムスリムは社員食堂や飲食店で食べられるものがほとんどなく、日本食屋でひたすら焼き鯖定食を食べていた。"何を食べたいか"という基準ではなく、"何が食べられるか"という基準で毎食と向き合っていた。

 

話のほとんどが前振りになってしまったが本題に戻ります。

ということで、ハラール対応は無理なのでムスリムフレンドリーでカレーを作ることに。ただ、ゲストの信仰の深さはわからない。依頼主からは豚肉なしでとは言われているがやるに越したことはないので僕なりにできる範囲のムスリムフレンドリーカレーを作ろう!と決めた。

 

まずは肉。言わずもがな豚肉は使えないので、鳥・牛・羊から選ぶ。最近は業務スーパーでもハラール対応の鶏肉が手に入るのでチキンカレーにすることに。

f:id:spicy_life_maker:20180605224759j:image

野菜でもよかったけど他のゲストのことも考えると肉のカレーが良い。

その他の食材や調味料、スパイスはいつもと同じ。化学調味料・添加物の入ったものは普段通り使わない。

f:id:spicy_life_maker:20180605224957j:image

ここで気がついた。

 

調理環境以外のムスリムフレンドリー対応って、肉の選定以外は普段通りである程度の基準でクリアしてるじゃないか!!!

 

確かにスパイスカレーは全ての構成要素を自分で選定できるため、意識すればとことん健康的な料理になる。ということはこれまでも提唱してきた。それが少し角度を変えると宗教や食文化にも貢献できる。改めてスパイスカレーの懐の深さ、裾野の広さを感じた。

f:id:spicy_life_maker:20180605225053j:image

ということで今回は結局いつも通りのチキンカレー(肉だけハラール対応)が完成し、提供することができた。

ムスリムのゲストの方にも喜んでいただき、その他のゲストの皆さんにも「うまい!」と言っていただけたので嬉しかった。

f:id:spicy_life_maker:20180605225121j:image

やっぱり僕は食べる人のことを考えて作る料理が好きだな。

 

 

人生に少しだけスパイスを。

 

大阪のマルシェイベントに出店します。

6月23日(土)に大阪・芦原橋で開催されるマルシェイベント「日常ヲ愛サnight🌙」にカレーを出品することになりました。

f:id:spicy_life_maker:20180530014226j:image

みんなに「うまい!」と言ってもらえるカレー、頑張って作ります。

f:id:spicy_life_maker:20180601102540j:image

会場では食事やワークショップ、パフォーマンスやハンドメイド物販など色んなコンテンツがあるので、様子見がてらカレーつまみに来てください*

f:id:spicy_life_maker:20180530014329j:image

イベント面白そう。カレー食べたいなって思ってくれた方はぜひ、事前申し込みの上、お越しください^^


<日常ヲ愛サnight🌙>
●日時: 6月23日(土)
     14:00〜20:30 (出入り自由)

●場所: 芦原橋「SALTVALLEY」
     大阪市浪速区浪速東1−2−3
●アクセス: JR大阪環状線 芦原橋駅 徒歩2分
Facebookhttps://www.facebook.com/events/250117515551544
●入場料: 500円 ※お得な事前申し込みチケットあり。
●申込フォーム:https://goo.gl/forms/5QLAsz2Q7HKYvVG82
※紹介者の欄には加藤雄大と記入してください。
※僕に直接連絡してもらってもOKです。
※あ、入力情報見れないので結局連絡もらえると嬉しいです。

f:id:spicy_life_maker:20180530014252j:image
==お得なチケットについて==
①当日入場券...500円
②事前予約限定券 1500円 ←おすすめ!
(【500円金券チケット×3枚】+【入場券500円】)
☝️2000円相当のチケットが1500円で購入できる、大変お得なチケットです。

 

人生に少しだけスパイスを。

残り物のカレーは麻婆豆腐になるか?

むね肉を細かめに切って作ったチキンカレーが残っていたが、そのまま食べるのも面白くない。餃子が食べたくて生餃子を買ってきたので今日は中華だ!というお口と相談。。。麻婆豆腐も食べたいな。

という事で、スパイスカレーの残り物アレンジで麻婆豆腐に挑戦。

 

中華出汁でのばしたカレーに豆腐を加えて煮込む。別鍋で八角、ニンニクと花椒、鷹の爪を油で炒めて、ジャッーっとかける。
水溶き片栗粉でとろみを加えて、ごま油、炒りごま、ネギを加えて完成!

f:id:spicy_life_maker:20180516071941j:image

さてお味は!?


美味い!!でもなんか違う。カレーがベースだから仕方ないのか、カレーがベースいう先入観なのか、カレー要素が目につく(舌につく?)。

 

カレーから作ってるのだからカレーだろって話なんですが、そこなんとか麻婆豆腐の領域に持って行って、カレー風麻婆豆腐にアレンジしたい。

 

今回のはカレー6割、麻婆豆腐4割という印象。これでは麻婆豆腐風カレーではないか!僕が今回食べたかったのはカレー風麻婆豆腐なのだ!

 

でも何か頑張れば麻婆豆腐になる。きっと何かが足りない。そう思ってWikipediaで麻婆豆腐を調べてみた。

 

麻婆豆腐(まーぼーどうふ)は中華料理(四川料理)の1つで、挽肉と赤唐辛子・花椒(ホアジャオ、山椒の同属異種)・豆板醤(トウバンジャン、豆瓣醤)、トウチ(豆豉)などを炒め、鶏がらスープを入れて豆腐を煮た料理。

 

カット肉じゃなくて挽肉じゃないかという話はさておき、豆板醬(味噌要素)入れ忘れましたね。

次回は味噌要素を忘れずに再挑戦したいです。カレーの次の日が同じ鍋をつかって中華に代わるなんて素敵じゃないですか!?カレー作ったら3日カレーだ、しかも4日目はカレーうどん。なんてちょっぴりネガティブな(僕は嬉しいですが、というかみんなこの話する時はちょっと嬉しそうだよね?笑)家カレーの印象が変わるといいな。


人生に少しだけスパイスを。