Spicy Life Maker blog

人生に少しだけスパイスを。

スリランカ滞在記Vol.10(岩山の上にお城!?シーギリアロックを探検)

夏休みを利用してカレーを学びにスリランカへ行きました。ステイ先で学んだスリランカのママの料理も含め、何回かに分けて投稿しています。

 f:id:spicy_life_maker:20170918094348j:image

<観光客やからってぼったくりすぎ!>

よこのおっちゃんに、シーギリアロック行くなら次で降りろよ~。とめっちゃ親切に教えてもらって無事下車できたのはいいけど、、、最寄りのバス停めっちゃ地味!おっちゃんに教えてもらわんかったら確実に通り過ぎとったわ;

 

スリランカ切っての観光スポットやのに目立つ看板もない。もちろん車内アナウンスもない。というか、このバスでシーギリアロック行くのまさかの僕だけ。若干不安になりつつも、目的地は見えているのでとりあえず向かうことに。

 

バス停からシーギリアロックのエントランスまでは徒歩で約15分。城跡というだけあってお堀の周りを歩く。。。。御所並みに広い。

 

ようやくエントランスに到着。ここまでくると観光客も多い。そっか、一般の観光客はバスツアーとかタクシーで来てるんか。ローカルな移動手段で土地に入り込んでる感に若干の優越感を感じる(笑)

 f:id:spicy_life_maker:20170918011914j:image

チケットブースにてチケットを購入するも、まさかの4260Rs。高すぎ!!100km近い移動が140Rs(約120円)やのに、このチケットは約3,700円。後にステイ先のママに聞いたけどスリランカ人は500Rsで入れるらしい。ぼったくりにもほどがある!

まぁ仕方ないので文句は飲み込んで敷地内へ。

 

<お天気にも恵まれ、大満喫>

岩のふもとまで10分くらい歩くんやけど、エントランスからも迫力満点でとにかく巨大。

f:id:spicy_life_maker:20170918013421j:image

高さ約100mのこの岩が世界遺産に登録されている理由は岩の上に城があったから。なんでもその昔、王様が弟に王位を奪われるのにビビってこんな所に建てたらしい。

 f:id:spicy_life_maker:20170918012311j:image

めっちゃ急な石の階段や、螺旋階段をひたすら登ること30分。

まずはシーギリアレディという壁画のゾーンへ。なんとも怪しげな美しさのシーギリアレディ。

f:id:spicy_life_maker:20170918012354j:image

今は数人分しか残ってないけど当時は500人くらい描かれていたらしい。(現場は撮影禁止なので、写真は記念館のレプリカ)

 

そこからさらに15分くらい階段を上がるとライオンテラスという広場に到着。その名の通り、めっちゃでかいライオンのヒヅメがビジターを待ち受ける。

f:id:spicy_life_maker:20170918012512j:image

昔は顔もあったらしいけど、どんな容姿だったかは記録に残ってないらしい。

 

当時の外観に想像を膨らませながら、ライオンを通り抜けいよいよ頂上に到着。空は突き抜けるような青で、眼下にはスリランカの大地が広がっている。風もさわやかでほんと、お天気に恵まれている。ありがとう。

 f:id:spicy_life_maker:20170918012735j:image

頂上を探検したり、景色をながめたりと1時間くらいまったり。

f:id:spicy_life_maker:20170918012858j:image

エントランスから歩いてきた道も小さく見える。

f:id:spicy_life_maker:20170918013003j:image

相当でかい城があったんやろな〜。。。あまりに立派な城跡やから時々地上100mって事を忘れさせられる。

f:id:spicy_life_maker:20170918013117j:image

名残惜しいが、今日中にカダワタのステイ先まで帰らないといけないので、下界に降りることに。驚いたのは登りが大渋滞だったこと。

f:id:spicy_life_maker:20170918013207j:image

人一人分しか幅のない階段ばかりなので時間が経つにつれてこうなるのは必然。早く来てよかった。

 

下山してきた道を戻る。地味なバス停にちょうどバスが来ていたので飛び乗った。アドベンチャー感満載だったシーギリアロックを背に、バスはダンブッラへ向かう。

 

f:id:spicy_life_maker:20170918013335j:image 

 

人生に少しだけスパイスを。

スリランカ滞在記Vol.9(スリランカの職事情)

夏休みを利用してカレーを学びにスリランカへ行きました。在日スリランカ人の方に紹介いただき、実家に滞在させてもらいました。せっかくなので、スリランカのママの料理も含め、何回かに分けて投稿しています。

 

<やっぱりウザい売込み>

5:00に起床。蚊帳に踵が当たっていたらしく、蚊帳越しに刺されていて痛痒い。例の中国の薬を塗布すると驚くほどすぐに痒みがひく。マジですごいわこの薬。絶対ステロイドや。笑

身支度をして6:00に宿を後に。曇り空でボンヤリとした輪郭の朝焼けを横目に15分くらい歩いてバスターミナルに到着。早朝すぎて人もバスも疎ら。やたらフレンドリーな兄ちゃんに聞くと6:00のバスが行ったばっかやから次は6:30だと言う。

その間に色々話しているとシーギリアロックと同じ岩山がもうひとつ近くにあって、たった500Rsで登れる事を教えてくれた。ホンマかいなと思った矢先「俺のトゥクトゥクとセットで5000Rsでどうだ!」と結局売り込み。しかも「今からくるバスは通勤通学時間とかぶるからめっちゃ混む」とか「バスは乗り心地が悪い」「バス停に止まるから時間がかかる」とかとにかく何かにつけて僕を引き込もうとする。ローカルの移動手段より安いものは絶対ないので、とにかく断り続けた。

もう1つ岩があるというのは興味深かったけどなんか怪しいし却下。(後にシーギリアロックの上から確認したけどそんな岩は無かった。)

 

スリランカの職について>

さて、6:30になったけどバスは一向に来ない。。。改めて周りを見回すと、バス待ちのおばちゃんがいたので聞いてみると「私もシーギリア方面に行くのよ。ここで待ってればOK」と言われたので立ち話しながら待つことに。このおばちゃんがめっちゃいい人。「英語できなくてごめんね~、昔レバノンで働いてたからエジプト語なら出来るんだけど」と恥ずかしそうに話す。おばちゃん、大丈夫!僕よりはるかに英語上手いいから!笑

f:id:spicy_life_maker:20170916235101j:image

なんでレバノンで働いてたのか聞いてみたら、スリランカには職がなく海外に出稼ぎに行く人が多いらしい。大体はインドに行くらしいが中東に行く人もいるみたい。おばちゃんはレバノンとかエジプトとかのレストランを転々としながら20年くらい出稼ぎしてて、今はドロップアウトしてスリランカに帰国。息子とか娘の家に行ってはご飯を作るのが日課らしい。なんかほっこりする話だった。

f:id:spicy_life_maker:20170916235643j:image

30分に1本と言うバスは結局1時間待たされ、7:00にようやくシーギリア行きのバスに乗り込む。そこから約1時間バスに揺られシーギリアへ到着。おばちゃんありがとう!

 

今回の旅の唯一のアドベンチャーシーギリアロック!
もう目の前!いざ突撃やー!!!

 f:id:spicy_life_maker:20170916235244j:image

 

人生に少しだけスパイスを。

 

スリランカ滞在記Vol.8(ダンブッラの洞窟寺院)

夏休みを利用してカレーを学びにスリランカへ行きました。在日スリランカ人の方に紹介いただき、実家に滞在させてもらいました。せっかくなので、スリランカのママの料理も含め、何回かに分けて投稿しております。

 

<ある意味苦行、洞窟寺院>

宿を予約してない旅は初めてなので、まずは宿の確保から。時間も無いので地球の歩き方に乗ってる1番安い宿のあるエリアに。1件目、1800Rs地球の歩き方に載ってる値段と大体同じ。きっと高い方なんだろう。値切るとなぜか1500Rsで泊まれる隣の宿を紹介される。1人部屋で扇風機、蚊帳、トイレ、シャワー(水)、タオル、ネット環境まで整ってる。いいなと思いとりあえず値切ると1200Rsになったのでここに決めた。

 f:id:spicy_life_maker:20170831001839j:image

女将さん曰く、昨日から日本人の男の子がステイしているらしく、帳簿に名前もあった。夜会えるのが楽しみだ。

 

17:0019:00にクローズする洞窟寺院に急いで行く。洞窟寺院は大通りから岩山を登った山頂にある。

f:id:spicy_life_maker:20170831001950j:image

現地民に準って裸足で石の階段を登る。汗だくになりながら20分くらいかけてようやく頂上に到達。

f:id:spicy_life_maker:20170831002213j:image

がしかし衝撃の事実が。なんとここではチケットは買えないらしい。どうやら大通りから入ってすぐの所で売っていたようで、めちゃくちゃ無愛想に受付の兄ちゃんに追い返された。他に近いチケット売り場がないか聞いてみると、横の道を降りたらすぐにチケットカウンターあるからそこで買えといわれた。同じようにチケット持ってない観光客と同じ道を下るが、めっちゃ遠い。結局来た時と同じくらい階段を降り、ようやくチケットをゲット。また引き返す。汗だくだく。かなりのデトックス

f:id:spicy_life_maker:20170831002024j:image

昔ハマったtemple run というゲームアプリを連想させるような道のりだった。

息を切らせながら受付に戻ると守衛のにいちゃんが先ほどとは打って変わって笑いながらチケットを切ってくれた。この人こうやって観光客いじめて楽しんでるな。笑

 f:id:spicy_life_maker:20170831002058j:image

洞窟寺院では人生初の涅槃像に出会う。足の裏が赤く、花柄がとても美しかった。全部で5つの部屋がありそれぞれに涅槃像などの仏像かが鎮座していて、厳かな空間だった。特に真ん中の部屋は壁と天井に見事な仏画が描かれていて印象的だった。

f:id:spicy_life_maker:20170831002121j:image

外に出るとここでも熱心な信者たちが経を唱えている。スリランカの人の信仰は深い。

f:id:spicy_life_maker:20170831002316j:image

宿に戻りレストランでカレーを食べる。スリランカの副菜として有名なサンボールを、勧められ盛り付けてもらうが、臭い。。。これはどうも苦手だった。

f:id:spicy_life_maker:20170831002407j:image

他のカレーの味もイマイチ。やっぱりステイ先のお母さんが作るカレーがいい。もはやお袋の味と思うようになってきてる。笑

 

シャワーを浴びてさっぱりした後、湯冷ましがてら再びレストランに行き、ココナッツケーキと紅茶でしめる。結局、宿泊しているもう1人の日本人は帰って来ず、残念ながら会えなかった。。。。

 f:id:spicy_life_maker:20170831002449j:image

快適な宿で2日目を終える。明日はお楽しみのシーギリアロックだ!晴れるといいな*

 

 

人生に少しだけスパイスを。

スリランカ滞在記Vol.7(テンション上がるローカルな市場)

夏休みを利用してカレーを学びにスリランカへ行きました。在日スリランカ人の方に紹介いただき、実家に滞在させてもらいました。せっかくなので、スリランカのママの料理も含め、何回かに分けて投稿しております。

 

<ローカルな市場は心が踊る>

キャンディの街中のどこからも見える山の上にはホワイトブッダという大きな仏像が鎮座している。小一時間で登れるらしいが、今日中にキャンディから80km北にあるダンブッラまで行き、宿を確保しなければならないのでやめた。バスターミナルに向かう途中、キャンディで1番大きな市場を発見。料理人の心が踊る場所だ。

f:id:spicy_life_maker:20170831001315j:image

肉や野菜や魚をはじめ、山積みのカラピンチャ、様々な種類のお米、魚の干物などとにかく様々なものが売られている。どの店も「安いよ安いよ~!」的な言葉を叫んでいてとても活気があった。魚屋の声がしゃがれているのは万国共通なんだろうか?笑

目を輝かせていろんな店を回るがツーリストなので何も買うことは出来ない。完全に冷やかしで店の人には申し訳ないがとにかく楽しい。いつかどこかの国に住み込んで市場で食材を買い込んで、料理して食べるローカルな生活をしたいと思った。

f:id:spicy_life_maker:20170831001441j:image

バスターミナルに着くと、ちょうどダンブッラ行きのバスが出るところだったので乗り込み、キャンディを後に。今回のバスは音楽爆音に加え爆走。おかげで思ったより早くダンブッラに到着しそうだ。

 

<頼りになるわ~グーグルマップ>

f:id:spicy_life_maker:20170831001800j:image

今回の旅で気づいたのはグーグルマップのGPSはネットワークなくても使えるということ(今さら笑)。これでバスがどこを走ってるかは一目瞭然。降りるところもバッチリわかる。都度、ダンブッラに近づいていることを確認。あと20kmというところで、外を眺めているとでっかい黄金の仏像の前で停車。ダンブッラのゴールデンブッタみたいやな~と思ってたら門にでっかくゴールデンブッタって書いてる。バスが発車する。。。あれっと思い近くの人に聞くとここがダンブッラと言うので一駅乗り過ごしてしまったが慌てて降りる。どうやらグーグルが指し示していたダンブッラはダンブッラ(市?)の中心地点だったようで、目的のダンブッラのバス停ではなかった!いや〜危なかった。にしてもスリランカの人達は本当に優しい。16:00なんとかダンブッラに到着。

f:id:spicy_life_maker:20170831001658j:image 

 

ちょっとミスってしまったが、スマホやPC、デジカメなど旅においても最新のデジタル機器は欠かせないなと感じた。そう思うと深夜特急の作者、沢木耕太郎さんが旅したときなんかはもちろん全部ないわけで。過去にバックパッカーしていた人は本当にたくましいなと感じた。僕は時代にも恵まれている。

 

人生に少しだけスパイスを。

スリランカ滞在記Vol.6(ショートトリップ〜キャンディ〜)

夏休みを利用してカレーを学びにスリランカへ行きました。在日スリランカ人の方に紹介いただき、実家に滞在させてもらいました。せっかくなので、スリランカのママの料理も含め、何回かに分けて投稿しております。

 

<長距離移動は爆音激安のローカルバス>

f:id:spicy_life_maker:20170831000429j:image

滞在2-3日目はステイ先のお家を一旦離れ観光する事に。

7:30、キャンディ行きのバスに飛び込む。エアコンなしのローカルバスを利用。なんとスリランカの長距離バスは荷物置きにスピーカーが置かれていて、バスごとに音楽や映画が爆音で流れている。その賑やかさといえばスリランカイチうるさい物体かもしれない。

乗ってから乗務員に行き先を告げ、料金を支払うシステム。キャンディまでは80km近くあるが、片道140Rs(120円)と衝撃の価格。キャンディまでと乗務員に1000Rs渡すと謎のメモを渡され終了。

f:id:spicy_life_maker:20170831000459j:image

ボッタクられた?周りの人に聞いてみるが誰も英語が通じない。雰囲気から大丈夫ということは察するが何が起こったかわからない。。。結局のところ次の停車までに新しい客全員から金を集めないといけんので、後でお釣りを渡すためのメモだった。一安心。

サリーを着たふくよかなマダムのフィジカル的な圧力、ベースの効いた爆音の音楽とともに約3時間キャンディまでバスに揺られる。長時間だけど、外を流れる景色は全て新鮮なので到着まであっと言う間だった。

 f:id:spicy_life_maker:20170831000752j:image

11:00、キャンディ到着。訪問先のガネムッラとは比べものにならないくらいの人と車の量に驚くが、しばらく歩いていると慣れてきた。ガネムッラでは明らかに不釣り合いな訪問者にほぼ全ての人がジロジロと視線を送ってきていたが、キャンディはスリランカ有数の観光地ということもあり、ここではそんなことはない。注目がなくなり喧騒に紛れ込むと安心するのはなぜだろうか。

 

スリランカ人が愛する古都キャンディ>

f:id:spicy_life_maker:20170831000822j:image

とりあえずお腹が空いたので適当な店に入り、ロティとサモサで昼食を済ませ、観光名所の仏歯堂をめざす。

f:id:spicy_life_maker:20170831001020j:image

仏歯堂はその名の通りブッダの歯が祀られている、スリランカ人の仏教感にとってとても大切な場所らしい。セキュリティチェックを済ませ敷地内に入ると受付のようなところで履物を預けて裸足にさせられる。

f:id:spicy_life_maker:20170831000845j:image

こんな雑多な感じで、無くされそうなのでリュックにサンダルを突っ込んで進む。日本の手水のように洗い場があって現地の人は手足と口、顔を洗っている。

f:id:spicy_life_maker:20170831000943j:image

ほとんどのツーリストはスルーしているがここはあえて現地民と同じ作法で身を清める。仏歯堂の入り口ではお供え用の花が売られている。綺麗な睡蓮が目に付いたので100Rsで購入。

f:id:spicy_life_maker:20170831001048j:image

本殿にたどり着くと皆手を合わせて経をあげている。僕はお経わからんので手を合わせ、この国に招いていただいたことに感謝した。

 f:id:spicy_life_maker:20170831001126j:image

仏教の深い歴史が根付くキャンディは日本でいう奈良みたいな場所らしくスリランカ人にとって大切な場所。コロンボが最大の都市だけどスリランカ人に最も愛されているのはキャンディ。確かに誰に会っても「キャンディには行ったのか」と聞かれる。日本人にもっと仏教の信仰心があれば奈良ももっと愛され、親しまれるんだろうな。

 f:id:spicy_life_maker:20170831001149j:image

にしても空がきれいだ。

 

人生に少しだけスパイスを。

スリランカ滞在記Vol.5(スリランカの朝)

夏休みを利用してカレーを学びにスリランカへ行きました。在日スリランカ人の方に紹介いただき、実家に滞在させてもらいました。せっかくなので、スリランカのママの料理も含め、何回かに分けて投稿しております。

 

<健康のためにとにかくカラピンチャ入れる>

f:id:spicy_life_maker:20170904212901j:image

5:00 爆音のお経で目覚める。家の近くにはお寺があってコーランのように1日数回スピーカーでお経が流れる。まだ眠いので二度寝6:00頃ダラダラしていると、キッチンからカラピンチャのいい香りが漂って来た。慌ててカメラとメモを持って向かうと時すでに遅しで朝食が準備されていた。

f:id:spicy_life_maker:20170831000235j:image

オニオンとひよこ豆の炒め物。カラピンチャと鷹の爪の香りが食欲をそそる。本当に何にでもカラピンチャを入れている。お母さんに聞いてみると、いい香りがするし、コレステロールを分解してくれるらしい。お母さんが私の手を匂ってごらんと差し出してきたので失礼する。カラピンチャの香りが染み付いている。「いい香りでしょ?」確かにそう感じた。とにかくほとんど全ての料理にと言っていいほどカラピンチャが入っている。そら庭で雑草のごとく育てようと言う考えになるよね。

 f:id:spicy_life_maker:20170831000304j:image

ひよこ豆をお腹にかき込みながらふと思った。日本にいるとダイエットのためあえて糖質抑えたりしているけどそれは贅沢なことだなーと。一歩外に出れば皆、生きるために食べている。なんなら糖質採りまくって脂肪として蓄えとかなきゃくらいの感覚。食べるものを選べたり、糖質カットみたいに減らしたりできることがいかに贅沢な考えかって思いました。

 

日頃当たり前にしている生活のありがたさに気づけるのも旅の魅力のひとつ。今回のスリランカ滞在はかなりの地域密着型なので本当に気づきが多かった。

 

人生に少しだけスパイスを。

 

スリランカ滞在記Vol.4(スリランカの夜)

夏休みを利用してカレーを学びにスリランカへ行きました。在日スリランカ人の方に紹介いただき、実家に滞在させてもらいました。せっかくなので、スリランカのママの料理も含め、何回かに分けて投稿しております。

 

<都度新鮮な食材を調達>

そうこうしてる間に19:00になり、夕食の準備が始まる。夜は魚のカレーらしく、キッチンにはぶつ切りになった鯖みたいな魚が置いてある。

f:id:spicy_life_maker:20170830235455j:image

聞くところによると、お母さん以外は肉、魚を食べれられるらしい。でも料理をするのはお母さん。肉は切るし味見もするからなんか複雑。ここで気づいたが、スリランカでは食材の買い置きはせず、都度市場に足を運んで新鮮なものを調達するみたい。

魚はのカレーにはゴルカという謎の酸っぱい練り物、2種類のマサラ、胡椒、シナモン、フェヌグリーク、そしてカラピンチャ。これら全てを混ぜて、水を少し加えて魚と和えて漬け込む。30分経ったら更に水を加えて火にかけて沸騰したら完成。何が驚きって、フェヌグリークをテンパリングせずに使うところ。苦く、、、ないんかな。。。

 f:id:spicy_life_maker:20170830235648j:image

スリランカの夕食時は遅め>

スリランカの夕食は21:00頃が一般的なようで、それまでは家族団欒の時間。明日からのショートトリップについて相談して、ようやく計画が固まる。ヌワラエリアは諦めでキャンディ、ダンブッラ、シーギリアを周るプランに。

その他に息子さんたちの話を聞いたりしてたんやけど、旦那さんから「なんでお前彼女おらんの?」ってグサッとくる質問が飛んできた。「性格に問題があるのかも」と答えると爆笑された。

おばあちゃんと奥さんは一言も喋らず、韓流ドラマに釘付け。なんかうちの実家のオカンと亡くなったばーちゃんの距離感に近かった。落ち着くわ~。

 f:id:spicy_life_maker:20170830235727j:image

21:00になりようやく夕食。魚のカレーと昼の残りのダルカレー、ジャックフルーツのカレー、パン。コメ食だけと思ってたが、パンも食べるらしい。朝と昼はライスとカレーだが夜にはパンも食べるらしい。

f:id:spicy_life_maker:20170830235857j:image

お楽しみの魚のカレーは心配していた苦味はなく、魚の生臭さもない。ゴルカの酸味とカラピンチャの香りが強い。黒胡椒もきつめなんだけど辛くはなくてとにかく優しい味。後になって調べたけどゴルカはタマリンドのことらしい。

 f:id:spicy_life_maker:20170830235959j:image

<夕食から就寝の時間は短い>

22:00旦那さんがさぁ寝るぞと全ての電気を消灯。食事を食べたらすぐ寝るようだ。あれ、みんなシャワーしないの??聞いてみるもなんだか曖昧な解答。きっと毎日入るとかそういう感覚はないようだ。「君はいつでも使っていいよ」といわれたので、お言葉に甘えて借りることに。

f:id:spicy_life_maker:20170830235942j:image 

給湯システムはなく、レインフォールで水だったけど、結構汗かいてて蚊にも刺されてうぉ~ってなってたので気持ちよかった。さっぱりしたし、明日から明後日の小旅行の準備も済ませて消灯。スリランカでの1日目が終わった。おやすみなさい。

 

 

人生に少しだけスパイスを。